2018年5月23日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)・・・「ひとさじ」って?

月曜日はゴックン期さんの離乳食実習でした(^-^)


子どもさんはおばあちゃんが見てくれるとのことで、ママさんだけでの参加。
子どもさんがいないと、集中して聞けますね。
ちょっと離れる時間も、結構、貴重です(*^_^*)


でも、一緒に来てもらえると、今の子どもさんの様子を見せてもらうことも出来るし・・・・
ただ、グズッちゃうと、ママ抱っこをお願いになるので、集中しにくくなることもあります。


どっちも良いとこもあり、そうでないこともあり・・・・
ただ、こちらは、泣こうが暴れようが、実習出来ますので、気にせず連れて来てもらってOKです
お母さんの好きな方で参加してください(#^.^#)


今回いただいた感想は・・・・
○10倍がゆの作り方すら分からなかったので、1から丁寧に実習しながらの説明をしていただき、大変わかりやすかったです。
○”ひとさじ”の意味、スプーンの使い方もよくわかりましたし、家族の食事から上手に取り分けする時短方法も知ることが出来て勉強になりました。
○離乳食が始まってからもまた参加してみたいです。


モグモグ期さんでは、お子さんも一緒の方が食べ方チェックが出来るので、次回はぜひぜひ子どもさんも一緒に参加してください~


そして、よくある質問のひとつ、「ひとさじ」って?
離乳食の「ひとさじ」は小さじ1のこと。
お料理の本ではちゃんと小さじ1とか大さじ1とか書いてあるのに、なぜ離乳食の本は「ひとさじ」なのでしょうねぇ(ー_ー)
小さじ1の裏ごしおかゆ
そして、この小さじ1のおかゆを赤ちゃんスプーンの先の方(1/3くらい)にのせて、数回に分けてお口に運びます。
「ひとさじ」と「ひと口」はちがいます!


新しい食材を始める時も基本は「ひとさじ」から。
特に、たんぱく質の食材は、最初からたくさんあげすぎないようにしましょう。


そして、2回食になった時は、新しい食材は午前中にあげて、午後からは食べ慣れている物をあげるようにすると、体調変化があっても病院に行きやすいので安心ですね(#^.^#)


これからも、素朴な疑問、遠慮なく何でも聞いてください~
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/


2018年5月20日日曜日

すごい旬が届きました!

旬のお話が続きますが・・・・
スゴイ旬が届きました(#^.^#)

50センチの定規より長い!

父の知り合いの漁師さんからのおすそ分け
すごすぎる!!!


頑張って3枚におろして・・・・
こんなんなりましたけど・・・
よく考えると、このサイズを1人でさばいたのは初めて!
疲れたぁ・・・・(+o+)


体は綺麗なピンク色ではなかったけれど、皮をはぐと中は綺麗なピンク色
(オスなので見た目が黒っぽいんですって)
お刺身とすまし汁
ツインズが「美味しい美味しい♪」とバクバク食べてしまいました。


骨でダシを取ってすまし汁も作りました。
ヘタな3枚おろしで、骨に身がたくさんついていたので、身だくさんのすまし汁に
ちょっと贅沢~(#^.^#)


頭は大きすぎて半分に割れなかったので、、丸ままカブト煮に~
ツインズの頭と変わらないくらいの大きさ!
すごいボリューム!
次の日には残った身で鯛飯を作りました


ホント、旬って良いですね~(^。^)
そして、今はキッチンの色んなところから鯛のうろこが発見されています。
(鯛をさばいた後のあるある ^m^)


美味しい旬、ごちそうさまでした~

2018年5月15日火曜日

旬の無農薬野菜で贅沢ランチ♪

日曜日は母の日でしたね
母になって分かる、母の大変さ。
感謝してもしきれませんね(*^_^*)
母の日のお花
お気に入りの花屋さんで素敵なアレンジを作ってもらいました~(^。^)
最近は色んなお花があるもんです。


野菜も色んな種類が出ていますよね。
先週は、中学校の同級生3人と会っていたのですが、1人は農家、もう1人はほぼ農家、そして管理栄養士のメンバーで、野菜の話で盛り上がりました(^v^)


農家の友人は、無農薬はモチロンですが、他の農家さんとは違う方法で美味しい野菜やお米を作っています。
ほぼ農家の友人は、ご主人の趣味で始めた野菜作りにすっかりはまって、産直市に出すほど。しかも、珍しい野菜をたくさん作っています。
そして私は、家庭菜園で子ども達と収穫を楽しんでいます。


そんな40オーバーの女子が集まって、無農薬の野菜作りについて語り合いました~
一応、「女子会」ですが、内容は、アブラムシ対策やナメクジ退治の方法について(^_^;)


そしてお昼には、持ちよった野菜で贅沢ランチ(#^.^#)
モチロン新鮮朝採れ野菜
旬の無農薬野菜ランチ~♫
左から、旬野菜のベーコン炒め(にんにくの芽、紫アスパラ、サラダのように生でも食べられるケール。味付けは塩コショウでシンプルに)


真ん中は、スナップエンドウの卵とじ(スナップエンドウは生のままフライパンに入れて、お水を少し入れて煮てから、ダシガラ麺つゆで味付け。溶き卵を流し入れてふんわりと)


右は、てんぷら盛り合わせ(にんにくの芽の先っちょのてんぷらと生でも食べられる空豆と新玉ねぎのかき揚げ)


手前は、野菜がなかった私が持参した素麺(^_^;)


初めて食べた野菜は、
 ①紫アスパラ
 ②生でも食べられるケール(カリーノケール)
 ③にんにくの芽の先っちょ
 ④生でも食べられる空豆(ポポロ)


どれも野菜のうま味たっぷりで最高のランチでした


にんにくの芽の先っちょも食べられるなんて!
今まで捨てちゃってモッタイ・・・・


旬の野菜は、栄養価が高く、お値段はお手頃(#^.^#)
最高の食材ですね


離乳食も、旬を意識して野菜を選ぶと、自然と栄養たっぷりの離乳食が出来ますね(^-^)
農薬もできるだけ少ない方が安心です。
ついつい、見た目を気にしてお買い物してしまいがちですが、少々いびつな野菜も作り手にとっては可愛いものです


因みに、今回私はまだ畑が出来ておらず、素麺と手作りのダシガラ麺つゆを持参しました。
手作り麺つゆも美味しい~と好評でした(^。^)
作り方はとっても簡単です
近いうちに、レシピ載せますね(^-^)


旬の野菜が採れたてで食べられる!
これ、本当の贅沢ですよね~♫

2018年5月8日火曜日

離乳食実習(ゴックン期)⑦

昨日はゴックン期さんの離乳食実習。
今回は、お姉ちゃんの時にも参加してくれて2回目というママさんも


お姉ちゃんの頃は、スタッフルームの畳の部屋でこじんまりしていた時でした。
畳の部屋も、冬はこたつがあって、ほっこりした感じで私は好きでしたけどね(^。^)


お姉ちゃんの時は、実習に参加してもらったけど、ドロドロから粒々への移行が難しかったと。
せっかく実習に来てもらっていたのに、私の説明が足りずに申し訳なかったです。


何年か経って、お部屋も内容もバージョンアップした実習になっていたかな・・・・(#^.^#)
10倍がゆを裏ごし中
ゴックン期って、基本、ドロドロにするから最初がうまくいけば案外簡単。
でも、そこから粒々に変えていくのが難しい。


そのタイミングでの個別相談が多かったので、新しくモグモグ期の実習を始めたのですが、ゴックン期の後半から、モグモグ期にステップアップするのを意識しながら進めることで、よりスムーズに移行できます。


たくさんのママさんとお話する中で、このタイミングではこのポイント!というのを学んでいます。
皆さんのお陰で、私も日々、小さな1歩ですが成長出来ている・・・・と思っています(^-^)
実は、離乳食実習、ゴックン期さんは前回の実習が祝50回でした♪♪
たくさんの方に参加していただいて、本当に感謝感謝です。
これからも色んなご意見やお悩み、話してくださいね


そして、今回も、1人が見事離乳食デビュー
一口目は「何だろう?」という反応でしたが、次からは自分から口を開けてくれていました(^v^)


もう1人はタイミングが合わず一口だけでしたが、スプーンを嫌がることもなかったので、お家で落ち着いた時間であげてみてもらうことに。


今回の感想は・・・・
○初めてのことなので何をどうしたら良いのか分からなかったけど、自分ですったり、こしたりして、トロミもどのくらいっていうのが見て分かったので、とても勉強になりました。
○見て、飲んで、香りをかいで、色々体験できたので、家でするときも安心して出来そうです。
○ダシの取り方がすごく分かりやすかったです。実践的なので、帰ってすぐに試してみようと思います。
○野菜スープ、ポタージュの美味しさは衝撃的でした。


さすが、春キャベツと新玉ねぎの野菜スープですね
いつものもモチロン美味しいのですが、野菜の優しい甘さがしみる味でした~(^。^)


そして、とても嬉しい「安心して出来そう」のお言葉。
ママがリラックスできていると、赤ちゃんも安心して食べられます。


毎日リラックスして・・・・と言う訳にはいかないのが現実ですが(^_^;)
イライラする日があってもOK!
ママだって人間です。


そんな時は、ママも美味しいダシの香りをかいでください。
「良い香り~」で、ちょっとリラックスできるはず
ダシにはうま味だけでなく、香りの効果もあるのです(*^_^*)


http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年5月6日日曜日

旬の美味しさいただきましょう♪

今日の食事はお花のサラダ
お花のサラダ?
と言うのは冗談で、ツインズが母さんにってお庭の花を摘んでくれました。
こんな可愛いことしてくれるのは、後何年くらいなんでしょうねぇ~(^。^)


今、わが家のお庭は、雑草も含め色んなお花が咲き乱れています(*^_^*)
雑草であっても、お花がいっぱい咲くこの季節は気持ち良いですね


そしてこの時期のもう一つのお楽しみ
美味しそうないちご♫
大好きなイチゴの収穫~(#^.^#)
じいちゃんが畑で毎年作ってくれます。
早速、いただきま~す
どれが美味しそうかな~♫
今日、買い物に行ったらお店にスイカが!
割引シールがついていたので、買ってしまいそうになりましたが、まだまだ春を満喫してから


今日の愛媛新聞に「季節の食材で健康維持」という記事がありました。
旬のものには、それぞれ、その時期の体の調子に合った働きがあります。
春には春の食材がおススメ


とはいえ、先日からもう夏!?ってくらいの暑さなので、熱を取る作用のある夏の食材も必要なのかも・・・・???
季節を感じることって難しくなってきているのでしょうかね。


明日はゴックン期さんの離乳食実習。
野菜スープの材料は、春キャベツに新玉ねぎ。
旬の食材で、美味しいスープを作りますよ~
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/



2018年5月2日水曜日

食べやすい大きさは?~ベビーフードで見てみよう~

昨日、ベビーフードの味について書きました。
味については、正直、どうかな?と思う部分があるのですが、参考になる部分もモチロンあります。


実際に、私もツインズ達にベビーフードを食べさせたことがありますよ(*^_^*)
あおい小児科での離乳食実習で、お口の動きの変化を知ってもらうために、わが家のツインズの離乳食の様子の動画を見てもらっていますが、まさにそれがベビーフードを利用しているところです。


食べている様子をたくさん動画に残していたつもりでしたが、後で探してみると、モグモグ期とカミカミ期は良い感じで録れているのが、ベビーフードの時でした(^_^;)
ベビーフードにすると、良い感じでビデオを録りながら食べさせる余裕が出来るという訳ですね(笑)


離乳食を開始して2か月
離乳食を開始して2か月(モグモグ期)になると、上手にパクッとスプーンをくわえてくれるようになります
スプーン残りもだいぶ減ってきますね。
実習の時は、動画なのでモグモグしている口の動きも見てもらいます。

ベビーフード
この時にあげていたベビーフード
煮込みうどんの様なものですが、見てもらいたいのは素材の大きさ。
少し見えにくいですが、軟らかいうどんは少し大き目で、人参や葉物は少し小さ目になっています。
食材によって、大きさを変えているのです。


食材の大きさを変えていく加減はなかなか難しいですよね。
まずは、軟らかい食材から大きくしていって、それが大丈夫なら固めの食材も大きくしていくようにしましょう


ベビーフードを使う時は、そんなところを注意して見てみると、手作りする時の参考になると思います(*^_^*)
上手に使って、楽しく離乳食を進めていきましょう~
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年5月1日火曜日

お粥の味はどんな味?

離乳食の最初の一口といえば、お粥!
母乳やミルクの味しか知らなかった赤ちゃんが、初めて口にする食品の味。
お米の優しい甘みが美味しいお粥。


実はお粥は、米から作った物と、ご飯から作った物では味が違います。
美味しいのはお米から作った方。


離乳食相談で、お粥を食べてくれなかった赤ちゃんが、お米から作ったお粥に変えるだけで食べてくれるようになった!ということも何度かありました。
モチロン、ご飯から作ったお粥で食べてくれるならそれでOK


先日、大人用のレトルトのお粥を食べる機会があったのですが、これが案外美味しい(^。^)
お米の優しい甘さが感じられる味でした。


だけど、ベビーフードのお粥の味はどうでしょう?
色々な種類のベビーフードがあり、おかずとセットになっている物も出ていますが・・・・
どれも味がついたお粥ばかりなのにビックリ(+_+)


「白いご飯+おかず」が美味しいと思っている私には、どうして「白いお粥+おかず」のベビーフードがないのかが不思議でした。
(田舎だからないだけなのかもしれませんが・・・・(^_^;))


「5か月から」のお粥で見つけたものでも、「ダシ風味」とか「野菜ダシ」とか。
味見をしてみると、カツオの風味や野菜の風味もするけれど、それだけなのかなぁ・・・・
ベビーフードのお粥の後に、レトルトのお粥を食べると、レトルトの方が「お粥の味」に感じました。


離乳期は母乳やミルク以外の色んな味に出合う時期。
最初から色々味を付けるのではなく、まずは素材の味をしっかり体験してもらいたいものです。
ベビーフードを使う時は、ママも味見して「本当にこんな味だったかなぁ?」と考えてみてください。


時々、ベビーフードの味見をしているのですが、先日、私の母が来ていたので一緒に味見。
ベビーフードを初めて食べた私の母は、「人参食べても人参の味がせん。どの素材食べても同じ味がする!」とビックリしていました。


自分の母ながら「良いこと言う!」
人参くささがないから食べやすいのかもしれませんが、人参の味を知ることはできないですよね。
ベビーフードのお粥を食べての違和感もそこかなぁ・・・・


ベビーフードがダメと言う訳ではありませんよ。
しんどくて大変で笑顔になれない時は、イライラしながら作っても案外食べてくれなかったりします。
色々な商品が出ていますので、上手に使って楽しく離乳期を乗り切りましょう



冷凍の野菜なども色々出ているので、それを使って簡単離乳食が出来れば良いな~と思っているので、そんなレシピも今後、載せていきますね


※味の感じ方は人それぞれなので、あくまで私と母の感想です(*^_^*)

2018年4月29日日曜日

熱中症に注意しましょう!~手作り経口補水液の作り方と注意点~

今日は地元今治のサッカーチーム、FC今治のホームゲームを見に行ってきました♪
緑が鮮やかなスタジアム
新しいスタジアムは初めてだったので、ドキドキしながら行きましたが・・・・
暑い!暑すぎる!!(+o+)
先週、春を確認したはずなのに・・・・
スタジアムの放送でも「熱中症に注意しましょう!」と何度も呼びかけていました。
熱中症の予防は、こまめな水分補給と休息。
汗をかいてからではなく、汗をかく前にもしっかり水分補給することが大切です。




熱中症になってしまったら『経口補水液』、というのはCMなどで耳にするのでご存知の方も多いですよね。
この経口補水液は、家庭でも手作りできます。


家庭で作る場合は、水1リットル+砂糖40g+塩3g を合わせて混ぜるだけ。
飲みにくい場合は、レモン汁など(50mlくらい)を加えるのもOK。


家庭で手作りする場合の注意点は、
①この水と砂糖と塩のバランスがとても大事なので、計量はきちんと!
②なるべく早く飲みきる!(1~2日以内)


そして、飲む時の注意点は、
①一気に飲まずに、ゆっくり飲む。たくさん飲めば良いというものではありません。
②温度は常温かぬるめで。

さらに大事なことは、この経口補水液は、予防のために飲むものではないということ!
一般的なスポーツ飲料と経口補水液では、糖分とナトリウムの量が違います。


さらにさらに、嘔吐下痢による脱水の場合は、手作りの経口補水液ではカリウムが足りないので、市販の物の方が良いようです。


家庭で作れるなら安心じゃん♪と思いそうですが、緊急の場合は手作りで対応するとしても、やはり早めに病院で診てもらうのが一番安心です!


ゴールデンウィーク、まだまだ暑い日が続きそうです。
こまめな水分補給と、休息をとりながら、熱中症を予防して楽しく過ごしましょう



2018年4月25日水曜日

小松菜りんごヨーグルト

先週の土曜日、大島のバラ公園に行ったらまだ桜が少し残っていました。
さくら
今日が少し肌寒く感じますが、まだ季節は春なんですよね~(^-^)
暑い日が続いて、半そで半ズボンの子ども達、お店にはスイカ・・・・もう夏かと思っちゃってましたが、まだちゃんと春でした


暖かく(暑く?)なって、お野菜のお値段下がってきましたね(^v^)
知り合いの農家さんから、大量に小松菜を頂きました。


半分は茹でてストック。いつでも和え物が作れます
残りは生のまま。新聞紙にくるんで置いておきます。
炒め物用です。


それでも、たくさんあるので、昔よく作ってた『小松菜りんごヨーグルト』を作りました
小松菜とりんご
その名の通り、小松菜(生)とりんご、飲むヨーグルトをミキサーにかければ出来上がりのヘルシードリンクです(*^_^*)
小松菜ひと株、りんご1/2個、飲むヨーグルト200mlで、2~3人分。
大好きなので、1人で飲んじゃいますが(^。^)


小松菜の生が気になる人は茹でてからでもOK。
小松菜はほうれん草よりも鉄分が多いので、鉄分補給にもおススメです。


わが家のツインズの反応は・・・・ビミョーでしたが(^_^;)
ブログを書いてたら、また飲みたくなってきました
旬の野菜で、簡単栄養補給しましょ(*^_^*)


そして、小松菜の外側の固そうな葉や、ちょっと黄色くなっている葉は、うさぎ島のうさぎさんにあげました
おいし~♫


うさぎさんも、鉄分補給できたかな(^。^)


2018年4月19日木曜日

離乳食実習(モグモグ期)⑥

今日は先日のモグモグ期実習のご報告
今回参加してくださったのは、ゴックン期実習にも参加してくださったママさん達。
続けての参加、ありがとうございます(*^_^*)


モグモグ期のポイントや、3回食へむけての準備などお話ししたら、いざ実践!
モグモグ期の大きさ、つぶし加減を体験してもらいます。
赤ちゃんも一緒に♪
 今回も抱っこで赤ちゃんも一緒に
しかも、二人とも手がよく出るのでスプーンを持たせてあげました。
上手にお口に入れています(^。^)


実際に食べさせる時にも、ママのスプーンを持ちたくなる子には、自分用のスプーンを持たせてあげましょう


今回も感想いただきました。。。。


○母親が思っているより離乳食を進めた方が良いとアドバイスを頂いて、新しい食材を試してみようとか、食形態を変えてみようとか、調理法を変えてみようとか、積極的な気持ちになれました。
○その子それぞれの悩みや疑問に合わせてアドバイスをもらえるので、とっても安心ですし、心強いです。
○まだまだゴックンしかできないと思っていたのですが、モグモグしてくれたので、食べる食材を増やしてモグモグしやすい固さで作ってみます。


そうなんです!お母さんが思っているよりも、進めても大丈夫な子は多いのです!
でも、その判断って難しいですよね。
実習に参加してもらえれば、一緒に食べるところを見ながらお口をチェック出来るので安心です


今回は、葉物やお肉などモグモグ期にはどのように使うと良いのかなど、具体的な質問を頂きました。
食材がある物は実際に作ってみて、早速赤ちゃんに食べてもらうとあっさりOK
ママもビックリ!


お家でママ1人の時に色々試すのは少し勇気がいるかもしれませんが、モグモグする形態に進めていかないと、モグモグはしてくれません。
大人だってお粥を噛んで食べませんよね。


その加減が難しいのですが、モグモグ期への移行がスムーズにいくと、それ以降もわりとスムーズに進んでいきます。
モグモグ期をスムーズに乗り越えられるように、一緒に頑張りましょう(*^_^*)









http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年4月18日水曜日

離乳食実習(ゴックン期)⑥

今週はゴックン期とモグモグ期の離乳食実習がありました
今日はまず、ゴックン期の実習から・・・・


今回は一人目のママさんと二人目のママさんも一緒でしたが、色々子供さんの様子を話しあいながら和気あいあいと出来ました(*^_^*)
二人目でも、上の子と一緒にはならないし、二人目だからこその大変さもありますしね。


そんな話は、一人目ママには良い勉強になるので、色々お話してもらえるととても中身の濃い実習になります


今回の赤ちゃんは離乳食開始前なので、ダシでスプーンの使い方をチェック!
おダシ美味し~♫
スプーンを嫌がることもなく、問題なし
もっとほしい~!ってくらいでした。
スタートするのが楽しみですね(^-^)


参加してくれたママさん達の感想は・・・・


○細かなことが聞けて良かったです!
○実際に作ってみてつぶし具合がわかりました。
○小さなすり鉢など、便利な道具を教えてもらえたので、自分も使ってみようと思います。
○昔学校で学んではいましたが、いざとなると個人差があって悩んでいたけど、たくさん良い情報を聞けて良かったです。
○子供に試し飲みさせてみられて、とても楽しく学べました。
○モグモグ期も参加したいです。


ご協力ありがとうございました
ぜひぜひ、モグモグ期実習にも参加してみてくださいね~(^。^)


細かいことが聞けて、実際に色々出来る、そんな実習です。
ちょっと悩んでいてもいなくても、へ~って思えることをお伝え出来ると思いますので、ぜひ参加してくださいね
http://aoi-kids.jp/kodawari/rinyushoku/

2018年4月15日日曜日

手づかみで食べよう!

最近、「手づかみ食べ」のことをお勉強していました。
今、離乳食は平成19年に厚生労働省から出された『授乳・離乳の支援ガイド』に基づいて進めていきましょう!となっています。
その中に「手づかみ食べ」の重要性が書かれています。


それ以前の『離乳の基本(平成7年~)』には「手づかみ食べ」のことは特に書かれていなかったんですって。
最近になって、重要だ!と言われだしたのですね。


手づかみ食べがなぜ重要なのか・・・
私が特に思う大事なポイントを2点。
①自分で持って食べることでしっかり噛んで食べられる。
②自分で食べる楽しさや自分で出来たという達成感を味わえる。


だからと言って、無理やり手づかみさせようとしなくても大丈夫ですよ。
赤ちゃんが興味を持ってくれた時に始めたのでOKです♪
時々、ママがお手本で手で持って食べるところを見せたりしながら、タイミングを待ちましょう。


手づかみ食べも、語りだすと長いので、今後少しずつ書いていきますね(^。^)


わが家のツインズの手づかみの様子をご紹介


 
向かって右の肉食くん、絶対詰め込みすぎでしょ(^_^;)
でも、これも自分で食べることによって、一口の量を学習していくのです


スプーンやフォークを持ってても、食べる時は手。
それでOKですよ
手づかみをしっかりしていれば、3歳くらいからスプーンなどを上手に使えるようになります。


それまでは散らかりますが、そこは許してあげてください(*^_^*)
わが家も、この写真の部屋、実は畳なのですが、上にフローリングカーペットを敷いているんです。
後片付けがしやすいように。


よく、新聞紙を下に敷いて・・・と育児書などに書いていますが、新聞紙くらいでは間に合いませんからね(^_^;)
後、片付けのストレスをためない工夫で私が実践していたのは、雑巾は使わない。
ティッシュや使わなくなったタオルなどで拭いて、そのままポイ!
後から洗う手間がないだけで、結構楽チン
おススメですよ~


さてさて、ガッツリ食べの肉食くんとそっと食べてる草食くん。
全然食べ方の違う双子です。


でも、わが家の場合、ガッツリ食べの肉食くんの方が、何かとやる気があります。
そっと食べの草食くんは、慎重派。
食欲って、色んな意欲につながってるんだなぁ・・・・と実感しております(*^_^*)





2018年4月11日水曜日

DASHI ~part2~

4月1日にもDASHIのタイトルで海外でのダシ人気について書きましたが、今日はその続きです。


外国でも、基本のダシの取り方の勉強会があったり、コーヒードリッパーを使ってかつお節のダシを取ったりしていることは前回触れましたが・・・・


さらに外国では、ダシパックの中身をシーズニング的に利用している人も多いそうなんです。
日本でもちょっとオシャレな感じで流行っているシーズニング。
オシャレやな~と思いつつ、わが家では、まだ挑戦したことはありませんが(笑)
粉末の調味料を合わせた物を、肉や野菜などに振って食べます。


ダシパックの中の粉状になったダシを、お肉や野菜、パスタに振って食べるんですって。
確かに美味しそう・・・・


ということで、やってみました
シーズニング焼きそば
パスタではなく、焼きそばですが(笑)
ダシパックの中身をそばに絡めて、少々の醤油麹を加えるだけ!(醤油でOKです)


「焼きそばだよ~」と言われて食卓にやってきたツインズは「いつものと違うなぁ・・・・」と。(ー_ー)
いつもの茶色いソース焼きそばをイメージしてたみたいです。


でも、最初は「なんだこれは?」みたいな顔でお箸でツンツンしていましたが、結局2人とも完食(*^_^*)
ダシパックの種類を色々変えると、味もまた変わって楽しそうですね


シーフードも合いそうです。
ぜひ試してみてください


因みに、わが家では焼きそばを作る時は具材と麺を別々に炒めます。
麺の方は、ゴマ油を敷いたフライパンの上に麺を入れて、あまり触らずにじっくり焼きます。
裏返してもしばらく触らず待っていると、だんだんほぐれやすくなってきます。
そしたら麺をほぐしてから、最後に具材と合わせると、ベチャベチャしにくいです