2018年4月29日日曜日

熱中症に注意しましょう!~手作り経口補水液の作り方と注意点~

今日は地元今治のサッカーチーム、FC今治のホームゲームを見に行ってきました♪
緑が鮮やかなスタジアム
新しいスタジアムは初めてだったので、ドキドキしながら行きましたが・・・・
暑い!暑すぎる!!(+o+)
先週、春を確認したはずなのに・・・・
スタジアムの放送でも「熱中症に注意しましょう!」と何度も呼びかけていました。
熱中症の予防は、こまめな水分補給と休息。
汗をかいてからではなく、汗をかく前にもしっかり水分補給することが大切です。




熱中症になってしまったら『経口補水液』、というのはCMなどで耳にするのでご存知の方も多いですよね。
この経口補水液は、家庭でも手作りできます。


家庭で作る場合は、水1リットル+砂糖40g+塩3g を合わせて混ぜるだけ。
飲みにくい場合は、レモン汁など(50mlくらい)を加えるのもOK。


家庭で手作りする場合の注意点は、
①この水と砂糖と塩のバランスがとても大事なので、計量はきちんと!
②なるべく早く飲みきる!(1~2日以内)


そして、飲む時の注意点は、
①一気に飲まずに、ゆっくり飲む。たくさん飲めば良いというものではありません。
②温度は常温かぬるめで。

さらに大事なことは、この経口補水液は、予防のために飲むものではないということ!
一般的なスポーツ飲料と経口補水液では、糖分とナトリウムの量が違います。


さらにさらに、嘔吐下痢による脱水の場合は、手作りの経口補水液ではカリウムが足りないので、市販の物の方が良いようです。


家庭で作れるなら安心じゃん♪と思いそうですが、緊急の場合は手作りで対応するとしても、やはり早めに病院で診てもらうのが一番安心です!


ゴールデンウィーク、まだまだ暑い日が続きそうです。
こまめな水分補給と、休息をとりながら、熱中症を予防して楽しく過ごしましょう